バナー

永代供養のメリットとは

永代供養とは、これまでの一般のお墓のあり方とは違い、寺院で供養や管理を永代にわたって行ってもらうことを呼びます。


永代供養墓に、遺骨が埋葬されるのでお墓を建立したり墓所を購入したりする必要がありません。



そのため、一定の費用を支払うだけで供養や管理を行ってもらえるため、後継者のいない方や子供に維持や管理の負担をかけたくない方などのニーズが高くなっています。



それだけではなく、故郷にあるお墓の管理が出来なくなったために、遠く離れた子供が菩提寺に永代供養を依頼する場合もあります。

今よりも47NEWSに関する疑問を解消してください。

次に、費用が安くて済むというメリットも確かにあります。

檀家になる必要がなく、宗派を問わず加入することが出来るので、それだけ制約がないので自由に選びやすくなっています。そして、申し込みは生前に出来ることがメリットです。

自分の亡き後の供養をどうするかで悩んでいる場合には、安心感が得られます。

親戚や子供に負担をかけないで済む供養の方法ですが、遺族が居る場合には、予め、自分の判断だけではなく相談をしておくことは必要です。

このようなメリットがある永代供養が近年では、少子化、核家族化、非婚者の増加により急増しています。
お墓のあり方も、継承していくことが困難になって来た時代が反映しているともいえます。

メリットを充分に検討してから、自分の希望を満たしているお寺から絞り込んで行くようにすると、適切な永代供養を見つけ出せるようになります。